兵庫県西宮市西宮バイオガス発電プラント【計画中】

着工 :2021年11月

竣工 :2022年11月予定

本稼働 :2023年5月予定

兵庫県西宮市鳴尾浜2丁目1-16

兵庫県西宮市

西宮バイオガス発電プラント
【計画中】

京阪神エリアで最大級のバイオガス発電プラントを計画
~食品ロス等から再生可能エネルギーを創る~

バイオガス発電とは、微生物発酵にて食品ロス等の有機性廃棄物よりバイオガスを生成し、ガスエンジン式発電機によって発電を行うものです。
本プラントはドイツで実績ある技術を活用した大型案件で、食品廃棄物をバイオマス燃料や堆肥原料へリサイクルするなど環境価値を追求してきたリヴァックスとの協業を通じ、食品廃棄物からの発電という高付加価値なリサイクルフローの提供を支えます。

outline

原 料

阪神間を中心とした近畿圏の食品廃棄物:1日約70t

最大出力(360kW×2機)720kW

想定年間売電量 約3,400kWh

一般家庭約1,000世帯分に相当

※一世帯1か月あたり247.8kWで計算
出典:「原子力・エネルギー図面集」
(日本原子力文化財団)

西宮バイオガス発電プラントにおけるポイント

outline outline outline outline

  • ■プラント概要
  • 発電所名西宮バイオガス発電プラント
  • 所在地兵庫県西宮市鳴尾浜2丁目1-20
  • 処理能力 約70t/日
  • 処理方式中温湿式メタン発酵方式
  • 最大出力 720kW(360kW×2機)

SymEnergySymEnergy